Logo

AMRITAMRIT

ご予約:TEL. 0742-32-5777

ご予約:TEL. 0742-32-5777

オンライン予約

Staff Blog

Imgae

なな色の日々

今年も6月からの1ヶ月間
玄関先にしつらえた笹飾りのアーチをくぐって
七夕までの日々、みなさまにご来店いただきました。
はじめてペンを握る小さな女の子。
去年より文字が上手に書けるようになった男の子。
お母さんの背中の後ろに隠れていた去年のあどけない女の子は
今年、笹飾りを一緒に作ってくれました。
1日、1年。
リピートでもリターンでもない今日という日。
来年の今頃、どんな自分が居るのでしょう。
みなさまの願いを結わえた短冊は
今年も薬師寺鎮守の休ヶ岡八幡宮へお納めしてまいりました。

宮司.JPG

今週、夏目宮司によってご本殿の前で祝詞があげられたのち
護摩焚きしていただきます。

休ヶ岡八幡宮3.JPG休ヶ岡八幡宮1.JPG

神さまと仏さまをともにお祀りする
神仏習合とういう考え方から
お寺の鎮守として神さまを勧請される
お寺は奈良時代から在りました。
明治時代以後、神仏が分離され
一寺院が神社を管理している例は
少なくなっています。
休ヶ岡八幡宮は平安時代初期に創建。
慶長八年、豊臣秀頼によって
新造された雅な社殿は
重要文化財に指定されています。
休ヶ岡八幡宮の鳥居の前。
一礼をして薬師寺参道をお散歩するご近所の方々。
暮らしの拠り所として、今日も厳かに佇んでいます。
八幡神さまにお守りされ
なな色の想いが結ばれますように。

一覧に戻る